ようこそ、安満遺跡青銅祭実行委員会ホームページへ

我がまち高槻の歴史

むかし、むかし、この高槻は海にかこまれていました

私たちの住む街高槻は日本でも有数の古墳地帯でした。

古くは縄文・弥生時代から人々が集い祭事や他の村との交流が頻繁に行なわれていました。

なかでも邪馬台国の時代(3世紀後半)に築造されたとみられる安満宮山古墳から出土した青銅鏡。

魏の国から海を渡り卑弥呼に贈られた物のひとつとみられることから、当時この地が海運を通じて外交の重要な役割を担っていたものと推察されます。

この地、ふるさと、波を操る勇士の祭り

このような歴史背景を現代の私たちが受け継ぎ、「青銅祭」が誕生しました。

舞台で披露される高槻ウェ-ブはこれらの歴史的事実を踊りで表現したものです。

勇敢に海を渡り村の発展に寄与した勇士を称え、人々が集い交流する中から新しい文化が生まれたことを表しています。

知った時から歴史が始まる

高槻の歴史をひとりでも多くの方々に知っていただく。

誰にも知られなかった歴史を知った時、そこから新しい歴史が始まります。

「青銅鏡にまつわる高槻の歴史物語」が後世に語り継がれることで、わが街における世代を超えた交流が生まれます。

触れた時から文化が生まれる

高槻の歴史に触れる祭りを皆さんと共に盛り上げることで、新しい文化の創造と『互いに助け合う、優しく・強く・楽しい街』の実現を目指します。

それが「青銅祭」です。